1. TOP
  2. 副業マスター│上級編
  3. Googleウェブマスターツールへ利用

Googleウェブマスターツールを利用しましょう
自分で出来るSEO対策 準備編その3

SEO対策 集客

Googleウェブマスターツールを活用します

GoogleウェブマスターツールとはGoogleクローラーの状況や自分のサイトを上位表示するための評価や情報、さらにはサイトに問題がある場合にそれを診断してくれるといったサイト管理者のためのGoogleが提供するサービスです。

もちろん無料で利用出来ます。

Googleへの登録だけでなく重要なキーワードを調べられたりと、SEO対策を実施するにあたり最も重要なツールと言っても良いでしょう。

全てのページを一気にインデックスさせるためのサイトマップ送信など重要な機能が多くありますので確実に登録して利用しておくべきしょう。

とりあえずこれだけは押さえておいてほしい機能について紹介していきます。

サイトマップの送信は必須

Googleウェブマスターツールではサイトマップの送信という機能があります。

サイトマップというものは2種類ありまして、一般的な訪問者向けの見やすさ利用しやすさを追求したWEBサイト版サイトマップと、検索エンジンのロボット向けの巡回のしやすさを追求したXML版サイトマップとに分けることが出来ます。

ここでいうサイトマップとは後者の方でして、Googleに「新しいサイトのページ数はこれだけありますよ」と報告することでロボットに巡回しやすくするわけですね。

通常検索エンジンロボットはリンクをたどってページにやってきますので、検索エンジンに登録されているサイトからのリンクが必要なために時間がかかるのですが、このXML版サイトマップを作ってロボットに伝えてやることで、リンク元からどうこうという部分を抜きにしてダイレクトに自分のサイトへ誘導することが出来るというわけです。

サイトを作ったのであればまず最初に行うべきことはGoogleへのサイトマップの送信であると覚えておきましょう。

このような画面青側がこれだけのページがありますよ、とロボットに教えてあげるわけでして、その後登録出来れば赤側にインデックスへ登録された数が表示されます。

サイトマップを送信してすぐにはすべて登録されませんが、Googleへサイト登録よりも確実性の高い方法ですので確実に実施するようにしてほしいと思います。

XML型サイトマップの作成方法について

XML型のサイトマップというのは独自のタグで作成する必要がありますので、いきなり0から作成するのは非常に難しいんです。

ただ、URLを入力するだけでサイトマップを生成してくれるサイトが存在しますので、そういったサイトを利用して簡単に作成しましょう。

当サイトではFC2サイトマップを利用して作成する方法を説明致します。もちろん無料です。

まずFC2サイトマップへアクセスします。

次に自分のサイトのURLを入力します。

ページ数によって若干時間がかかりますので気長に待ちましょう。

作成が終われば左のような画面になりますので、サイトマップ保存をクリックしましょう。

作成されたXMLサイトマップがダウンロードされます。

ダウンロードしたXMLサイトマップをあなたのサイトへアップロードします。

その後Googleウェブマスターツールのサイトマップのページへアクセスします。

右上のサイトマップの追加/テストをクリックします。

空欄に「sitemap.xml」と入力します。

サイトマップを送信をクリックします。

これでXMLサイトマップの送信は終了です、すぐにはサイトがインデックスされるわけでなく、1週間程度はかかりますので気長に待ちましょう。

サイトマップを送信するのとしないとでは雲泥の差が出ます、少しでも早くGoogleにインデックスされるように実施しておきましょう。

ウェブマスターツールからサイトへのメッセージ機能

Googleでは行き過ぎたSEO対策を行っている、つまり人為的な不自然なSEO対策を行っているようなサイトに対しては検査順位の大幅低下やインデックスからの削除等ペナルティの処置を施すことがあります。

そういった手動ペナルティの場合にはウェブマスターツールからメッセージが届くようになっています。

もしこういった手動ペナルティが届いた場合には、違反箇所を修正して再審査リクエストを行うことが出来ます。

サイトへメッセージが届いた場合には無視せずに対処を行うことが重要です、ペナルティを受けた場合には修正しない限り解除されることはありませんので。

検索クエリを利用して自分のサイトを分析

検索クエリとはGoogle検索を通じて来た訪問者がどのようなアクションで訪問してきたかが分かります。

具体的には検索で利用したキーワードやそのキーワードの平均順位、キーワードの表示回数、クリック数などが分かります。

自分のサイトへの訪問者がどのようなキーワードで訪問しているかを知ることが出来るのでそれに合わせて対策を練ることも可能です。

上位のキーワードに対してページ内容を強化していく等を実施すればさらにアクセスアップを望めることにもなるでしょうね。

また、検索クエリで大きな動きがあった場合には何かGoogle側の検索アルゴリズムが変更になったかあるいはペナルティを受けている可能性があるなどが分かりますのでこちらの対策も可能です。

関連情報

次のページではサイトのキーワードについて述べたいと思います。

サイトのキーワード選定について へ

ネット副業で稼ぐ方法をトップから見る