1. TOP
  2. 副業見習い│中級編
  3. せどりで副収入を稼ぐ

せどりで副業副収入を稼ぎましょう

副業中級編、せどりで副収入

せどりを副業として副収入を稼いでいる人は多いです

皆さんはせどりという言葉をご存じでしょうか。

せどりというのは古本屋で仕入れた本を、ネットオークションなどで売ることを言います、商売の基本である安く仕入れて高く売るこの言葉の最たるものであるといってもいいでしょう。

せどりをする人をせどらーといいまして、副業として実際に何十万と利ざやを出して稼いでいる人もいらっしゃいます。

方法としましては、大手古本ショップなどに出向き、安い中古本を買い付けて、インターネットで高く売るという形が一般的です。

誰でもできそうですし、なんだか簡単そうに思えますよね。

ただこのせどりをするにはやはりある程度の目利きが必要ですし、どんな本でも高く売れるかと言ったらそうではありませんよね。

必要としている人がいるから高く売れるわけで、そんな本を古本屋さんで見つけることも簡単ではないということもわかっていてほしいと思います。

ただネット上ではその本の相場を調べる方法があります、大手古本屋チェーン店でスマホ片手に何か調べている人がいたらその人はライバルかもしれません。

何よりこのせどりを始めるにあたって必ず必要なものがあります。そう古本屋さんです。

古本屋さんが近くに無かったら仕入が出来ませんので、地理的なものも大事なんですよね。

仕入れのために遠くまで行くのはある程度の経験豊富なベテランせどらーの方なら問題ないとは思いますが、これからせどりを始めようとする初心者の方には近くに古本屋があることが必須ですので、まずは大手古本屋さんが近くにあることが前提ですからね。

せどりを知る

せどりは安く本を仕入れてそれをほしがっている人へ高く売ること、これがセオリーです。

100円本コーナーで仕入れた本が1000円2000円で売れるということも多々あります。

今から実施しようとしていることは大手古本屋チェーン店と同じなわけです、店舗を持っているか持っていないか、この違いなだけですのである意味ライバルなんです。

ライバル店へ仕入に行くという変な図式ではありますが、気にしたら負けです。

仕入れ本の相場を知りましょう

仕入れる際の本の価格の相場を知っておくことは重要であると思います。

相場が仕入れ値よりも低い価格であった場合には仕入れ自体をやめることでリスクを回避することが可能です。

ある程度の相場を知るため情報収集に利用してほしいサイトは、オークファンというサイトです。オークファンは書籍だけでなくあらゆる商品の落札相場が分かるサイトとして有名ですので、これを利用して仕入れにも役立ててほしいと思いますね。

もちろん「この商品はいずれ値が上がる」という自信がある場合はご自身で判断して仕入れることが良いですし、あくまでも情報として最後の判断は自分で行いましょう。

オークファンへの無料会員登録はこちらからどうぞ

せどりにとって良い点は

基本的には売れるであろう本を仕入に行くわけですから、在庫を抱えにくいという利点がありますし、何より即利益が出やすいという点が大きいです。

もちろんなれるまでには時間もかかりますし、常にスマホで情報収集したりという作業は必要になりますが、ネットで副業として実施するにはもっとも商売性があり赤字になりにくいネットビジネスの一つですね。

また、売れるまでの間に商品を読むことが出来ますが、あくまでも商品ですので汚さないように気を付けましょう。

せどりにとって良くない点も多少あります

せどりは商売ですが、大手古本屋チェーン店と違って店舗を持たないのでリスクは少ないということがあります。

ただし、少なからず在庫を置く場所が必要となります。

本だからと言ってもたくさん仕入れると置き場所も馬鹿にはなりません。

さらには配送するための段ボール箱なども必要となりますので、それらも確保して置いておく必要があります。

売れた場合には梱包し、配送手続きを行う必要がありますので、その時間と手間もかかってきます。仕入とネット販売だけでない細々とした作業も必要になってきます。

せどりのスタンダート、Amazonマーケットプレイスを利用

せどりは書籍のネットショップ最大手のAmazonを利用することが一般的であるとされています。

AmazonマーケットプレイスというものがありこれはAmazonへ出品することが可能になるというサービスでして、個人の出品も認められています。

中間業務である商品の代金はすべてAmazonが実施してくれる上に、振込手数料は無料となっていますので、商品が売れたら配送するだけで良いシンプルさがありがたい上に、1品からでも出品可能である「小口出品サービス」がありますので、お試しで実施しやすいといった利点がありますね。

「大口出品サービス」は月額利用料がかかってきますが、「小口出品サービス」は月額利用料が無い代わりに売れた場合の成約料金がかかりますが、まずは「小口出品サービス」で試してみてから量が増えそうであれば「大口出品サービス」へ変更すればよいと思います。

配送時に領収書は不要

Amazonマーケットプレイスでは購入者から求められた場合にでも領収書を出す必要はなく、Amazonが発行するものとされています。

購入者はサイト上で、購入履歴から、出品者名義による領収書をプリントアウトすることが可能ですので、購入者から問い合わせがあった場合には、その旨購入者に伝えましょう。

以前は出品者で発行義務があったようですが、領収書の多重発行防止のため変更となっていますのでお気を付けください。

小口出品での料金について

小口出品サービスでは月額利用料が無料である代わりに、一品売れるごとに基本成約料が100円、カテゴリー成約料が60円、販売手数料が15%分とこれだけAmazonから差し引かれてしまいます。

ただし、書籍の場合はAmazonの規定配送料として250円を負担してもらえます。

ですから本が100円で売れた場合の例としましては・・

売上100円-基本成約料100円-カテゴリー成約料60円-販売手数料15円=-75円

-75円+配送料250円=175円と実際に振り込まれる額はこのようになります、この例で行きますと175円以下に配送料を抑えることで利益を上げることが可能です。

メール便などを利用すれば配送料は安く抑えることが可能ですし、配送料も加味した料金設定を行うようにしましょう。

ソフトを利用するのも一つの手です

せどりのためのソフトも存在しています、下記はアマゾンマーケットプレイスでの古本販売、せどりをより効率良く行うために製作された、ネット古本販売のための本格ソフトです↓

アマゾンマーケットプレイスでの古本販売支援システム

無料お試し期間がありますのでまずはお試しでダウンロードするのが良いですね。

まとめ│せどりは慣れが重要です

いつもプレミアものの書籍に出会えるとは限りませんので、送料と仕入れ値で利益が出せるようにまずは一度実行してみませんか。

ある程度慣れてくればたくさん仕入れして、数をこなすことでどんどん利益も生み出せる仕組みですので頑張りましょう。最も重要な点は仕入れ本の価格を調べることではありません、仕入れ先があるかどうかです。近くに仕入先がある人はラッキーですからさっそくやってみましょう。

他にもAmazonを利用する以外にはヤフオクを利用するという手段もあります、すでにYahooプレミアム会員でオークションへの出品経験がある方はそちらを利用するのも良いかもしれません。特にプレミア価格がすでについている場合などは猶更ですね。

書籍を探すのに関してはどうしてもAmazonがユーザーも多く本を探している人が多いので、Amazonの利用をおすすめ致します。ヤフオクとうまく併用することが最も良い方法だと思いますね。

時間の無い人でもすぐに稼げるかも。リアルタイムせどりとは

関連情報

次はブログを使った簡単な稼ぎ方について紹介します。

無料ブログで副収入を稼ぐ へ

ネット副業で稼ぐ方法をトップから見る