1. TOP
  2. 副業入門│初級編
  3. お小遣いサイトを知る

まずはお小遣いサイトを知ることが大事です

お小遣いサイト 稼ぐ 知る

お小遣いサイトで稼ぐなら知る事も重要

お小遣いサイトで稼ぐ!と意気揚々と挙げましたがまだはっきりとお小遣いサイトが見えていないのではないでしょうか

そもそもなぜ無料でポイントがもらえるのか?

無料のポイントがなぜお金と同じ価値があるのか?

お小遣いサイト自体がどんな運営なのか?それ自体も怪しいのでは?

など等、疑問を上げだしたらキリがないと思います。

もしかしたら危険なのではないか。そんな風に思っている方もいらっしゃることと思います、ですからこちらではまずお小遣いサイト自体について知って頂きたいと思います。

安心してネットで副業、お金稼ぎを始めるためにも重要な事ですので、ぜひ覚えておいて損はないと思います。

お小遣いサイトのポイントの礎となるもの

お小遣いサイトでもらえるポイントはお金と同等の価値があります。

もしお小遣いサイトでアンケートに答えたらポイントがもらえます。そして現金、電子マネーなど、ギフトカードさらには他サイトのポイント等々と交換することが出来ます。

お小遣いサイトの登録は無料でアンケートに答えることでポイントがもらえる?

どこも利益が出ないけどどこからポイントの原資が出ているのか?それは

スポンサー企業の広告宣伝費なんです。

スポンサー企業とお小遣いサイトとユーザー

スポンサー企業の広告宣伝費、分かりやすいものでいえばテレビCMですよね。

民放のテレビ局というのはスポンサー企業からの広告宣伝費をもらってテレビ番組を制作しています。

そしてその宣伝費というのは莫大な金額なんですよね。

ですが昨今はテレビの低視聴率化も叫ばれているようにテレビを見る人が減ってきていますよね。

以前はテレビを見ている人が多かったのでCMもバンバン流しておけば、企業としては良い宣伝になっていたんですが、最近ではテレビ業界だけでなく、いろんな媒体がありますよね。

そしてそのいろんな媒体のうちのもっとも大きく、良質なコンテンツとしてインターネット業界があるんです。

今までのテレビ・新聞だけでなく、インターネットへの広告を流すことが主流となりつつあるんです。

つまり、お小遣いサイトというのはインターネット上での広告代理店のようなものと考えて頂ければ良いと思います。実際には若干違いますけれどもね。

図で示すと下記のような感じになります。

お小遣いサイト なぜポイントが貰えるか

スポンサー企業とお小遣いサイトとユーザーの関係性の図

スポンサー企業の有益性

お小遣いサイト利用者というのは企業にとってサービスを利用したい、購買意欲の高いユーザーが多く集まるので、広告媒体としてはありがたい媒体であるといえます。

お小遣いサイトの有益性

お小遣いサイトとしてはユーザーがサービスを利用した、商品を購入したという成功報酬として広告宣伝費をもらえる仕組みになっていますのでその一部をユーザーにポイントという形で還元しているわけです。

ですからユーザーに自分のサイトから購入してほしいがために様々なサービスを用意して、利用してもらおうと考えているんですね。

ユーザーにとっての有益性

ユーザーとしてはお小遣いサイトを利用してもしなくても商品の価格は同じですので、お小遣いサイトを利用したほうが広告宣伝費の一部をポイントで還元されるのでお得に利用できるというわけなんです。

まとめ│お小遣いサイトは知っているだけで得することが出来る

お小遣いサイトの利用について分かりましたでしょうか。

お小遣いサイトとは広告代理店のようなものであり、インターネット上の小売業のような感じでしょうか。

理想を言えばユーザーとしてはお小遣いサイトを利用経由せずに購入することが出来ればもっと安く購入できるんでしょうけれども。

スポンサー企業としてはどんなに良い商品であっても知ってもらわない限りはユーザーも購入しようがありませんのでCM宣伝が出来る場としてお小遣いサイトは恰好の場なのでしょうね。

ユーザーもお小遣いサイトへ訪問することで「こんな良い商品があるんだ」という気づきの場としても有効だと思います。三者のニーズがうまく融合しているということなのでしょうね。

ですから結論としてはやはり、お小遣いサイトを利用しない手はない

こういうことになります。今まで知らなかった方は本日から得することが可能です。さっそく本日より一緒に得するお金稼ぎ始めましょう。

関連情報

次のページでは当サイトおススメのお小遣いサイトげん玉に登録する手順をお伝えいたします。そしてげん玉を利用してお小遣いサイトのサービスを紹介していきます。

お小遣いサイトにへ登録する へ

ネット副業で稼ぐ方法をトップから見る