内部SEOは自分で出来る!その方法とは?

この記事の目安時間: 約11分で読めます。
検索エンジンを意識してサイトを作成する
自分で出来るSEO対策 内部施策編

SEO対策 集客

検索エンジンを意識したサイトづくりを心掛ける

ホームページはより多くの訪問者の方に見てもらいたいから作るものですし、ネットショップなどは訪問者がいないと意味がありません。

そしてせっかく来てくれた訪問者の方に興味を持ってもらうべく、良い情報を伝えるべく良いコンテンツを作成することが重要であると最初に伝えてきました。

ホームページは訪問者に分かりやすく作るのが大前提です。

しかしながらその訪問者を導いてきてくれる最も大きな道しるべはGoogleなどの検索エンジンであることは事実です。

人である訪問者に分かりやすく良いコンテンツを作ることは、ある意味ロボットである検索エンジン向けのページを作ることでもあるということです。

ここでは検索エンジンに分かりやすい、SEOを重視したサイト作りについて説明したいと思います、一般的に内部SEOと言われています。

決して文章をどうこうということではなく、人である訪問者の方には見えない部分であるホームページの内部部分について説明していきます。

サイトの情報を記載する│Htmlソースの<head>部分

ホームページは頭部分でそのサイトの情報を伝える部分があります。いわゆる<head>部分と呼ばれるものですが、こちらについて説明していきます。

人が見る分には何とも思わなくても、検索エンジンにどこに何が書いてあるかということを伝えやすくすることで検索エンジンが見やすいページになります。

<head>には検索エンジンに対して「これはhtmlのページである」ということを宣言する場所になります。

具体的に掲載するものについて次から述べたいと思います。

<title>タグはページのタイトルを付ける

検索エンジンというのはhtmlソースを上から順に読んで行きますのでタイトルは非常に重要です。検索エンジンにとってだけでなく訪問者にとってもどういったページかを判断する重要なものですからね。

<title>ネット副業入門.net</title>となりそのページのタイトルとなりまして、お気に入りに追加された時にはこのタイトルが記載されますし、Googleの検索結果にも表示されます。

検索エンジンはこの<title>内のキーワードを重視していますので、<title>内に自分のサイトの核キーワードを入れておくことがSEO的にも非常に重要です。

<meta>タグはページの説明文やキーワードを入れる

<meta>タグはそのページの情報を記載するタグでして、作成者の情報を記載したり、検索エンジンに対しての、登録させないなどの様々な情報を設定することなどが可能です

当サイトではSEO的に実施しておいたほうが良い2種類について記載致します。

1.<META name=”description” content=”〇○”>

これはそのページの概要を表す説明文になります、〇○の部分に自分で決めた説明文を入れましょう、これはGoogleで検索結果が出た際にサイトのタイトルの下に出る説明文となります。

こちらにも核キーワードを1つ入れているほうが良いでしょう。

ネット副業入門 Google検索結果

2.<META name=”keywords” content=”〇○,〇○”>

これはそのページがどういったキーワードで検索されたいかとうことを検索エンジンに伝えることが出来るというものです。ですがこちらにもたくさんのキーワードの詰め込み過ぎは良くありませんので3つ程度にしておくほうが無難です。

キーワードを2種類以上入れる場合には ,(カンマ)で区切ることで違う単語であると検索エンジンに伝えることが出来ます。

この<meta>タグに関しては以前に比べて重要性が下がってきています。というのもここにキーワードを詰め込み過ぎたり、関係のないワードを入れて乱用する人が出て来たためです。

とはいえ、まったく意味のないものではありませんので設定しておくことをおすすめします。

ページの本文も検索エンジン向けの処置を施す│Htmlソースの<body>部分

ページの本文でも検索エンジンに伝えるための注意点がいくつかありますので最低限行ってほしい施策を順に述べていきたいと思います。

画像ファイルにはalt属性で説明文を付ける

ホームページやブログを作成していくにあたって画像は必ず利用されることだと思います、画像と文章をうまくミックスさせることで良いデザインのページになるでしょうし、文章だけのページよりも見やすいのは言うまでもありませんのでね。

ただこの画像ファイルにも設定してほしいのですが、検索エンジンでは画像はあくまでも画像として認識しますのでどのような画像かということは分かりません。

ですからこの画像はこういったものですよと説明する必要があります。

その時に必要なのがalt属性です。

imgタグにalt属性を付けて、alt=”〇○”というように検索エンジンに伝えるために説明文を書いてやることで検索エンジンがどういった画像かを認識することが出来ますので、確実に入れるようにしましょう。

<img src=”img/title.png” alt=”ネット副業入門.net”>このように利用します。

ただし、こちらにもキーワードの詰め込み過ぎと言ったことや、全然違う画像にSEOのためだけのキーワードを入れることはやめておきましょう。現在では前後の文章からある程度推察しているということですので、全く違うようですとスパム扱いとされる可能性があります。

ページは順序立てて作成する│<hx>タグで見出しを付ける

文章を作るときには見やすさが大事であることはいうまでもありません。

重要な事象について説明するのに大きくタイトルとして書いて、それについて説明していくことや、あるいは箇条書きにして見易さを出してみるといったこともあるでしょう。

だらだらと改行もなく書かれているページには読む気も無くなりますし、何が言いたいのかが分からないと言った点も挙げられます。

検索エンジンでも同様です、ですから検索エンジンに対してもプレゼンで利用するような「章立て」て説明してやる必要があります。

大見出しからだんだんと小さい見出しを作成していって説明すると言った階層化が必要になりますので、検索エンジンに伝えるために<h1~H6>までの見出しタグを利用してページを作成していきましょう。

<h1>タグは大見出しのタグで通常一つのページに1回しか使いません、この<h1>タグにも核キーワードを入れておくことが重要です、検索エンジンは<h1>タグを重要視していますのでね。

そして<h2><h3>とだんだんと小さい見出しになっていきます、順序は守るようにしてください。<h2>の後に<h1>タグがあると検索エンジンにとって好ましくないソースとなってしまいますのでね。

強調したい単語は<strong>タグを使います

文章を作るときには見やすさが大事であることはいうまでもありません。(2回目)

そして文章に出てくる単語でこれを強調したいなと、太字で記載したいなというような単語が出てくることがあるでしょう。

単語を強調したい場合には<strong>タグを使います。

ホームページビルダーなどのソフトを利用する場合には太字にする際には<b>というタグが記述されます。

しかしこのタグは強調するといった意味あいではなく、ただ単にフォント自体を太くするという意味合いですので、検索エンジンに対して強調したいキーワードの場合には<strong>タグを利用するようにしましょう。

ただ単に見やすくしたいための太字にしたいというだけの場合もあるでしょうから、うまく使い分けるようにしましょう。

ホームページにはサイトマップを付ける│ユーザビリティを上げる

サイトマップはサイト全体のページへのリンクを貼ったページで、すべてのページへの入口となりえるページです。

ここでいうサイトマップとは検索エンジン向けのxml型ではなくhtml型のサイトマップですので訪問者向けということになります。

サイト自体の入口はトップページになりますが、ホームページにサイトマップを設置するということは検索エンジン向けには入口の役割を果たすことになります。

というのも、検索エンジンにとってはすべてのページにリンクが張られているために巡回しやすいという利点があります。

サイトマップは訪問者にとってもユーザビリティが上がり非常に使いやすい上に検索エンジンにとっても有用ですので設置しておくほうが良いでしょう。

またサイト構造としてはどこのページからもトップページへ行けるようにしておくことや関連情報のリンク先ページを設置しておくことでユーザビリティを上げることができます。

次は外部要因におけるSEOについて述べたいと思います。

外部要因のSEO対策へ

ネット副業入門をトップから見る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ