Googleへサイトを登録しましょう

この記事の目安時間: 約4分で読めます。
検索エンジンへ登録しましょう
自分で出来るSEO対策 準備編その2

SEO対策 集客

Googleへ登録しインデックスされましょう

検索エンジンはGoogleにさえ登録しておけば問題ありません。

あれ、と思った方もいらっしゃるでしょう、というのも現在日本での検索においての検索システムといえば、YAHOOとGoogleで9割以上を占めているということが現状です。

つまりこの2種類の検索システムで登録されていればほとんどの人が検索に利用するときの検索結果に出てくるということですが、Yahooへは登録する必要がありません。

というのも現在ではYahooの検索システムというのは、Googleの検索エンジンを採用しているので、基本的にGoogleに登録すればYahooにも反映されるということなんです。

つまり現在におけるSEO対策のサーチ・エンジンとはGoogleの事をさし、Googleへの対策を行うということになるわけです。

ちなみに他の検索であるGooやExciteなどに関してもGoogleの検索エンジンを採用しており、日本における検索はGoogleだけと言っても過言ではありません。

もちろん他にbingというのもありますが、そちらの対策をするよりもGoogleの対策をするほうが先でしょうし、Googleの日本でのシェアが9割以上なのでGoogleへの対策だけで十分であると考えています。

Googleの検索エンジンへ登録

Googleの検索エンジンというのはロボット型の検索エンジンと呼ばれるものでして、Googlebotというロボットが巡回して情報を採取し、データベースへ登録していっているというシステムです。

ですから何もしなくてもいつかはGoogleへは登録されるということになります。

ただ、せっかく作ったサイトを早くGoogleに登録したいというのが本音ですから、Googleに「サイトを作ったから見に来てほしい」と報告することで優先的にロボットに登録してもらえるんです。

ですからサイトを作成したらまずはGoogleへ登録しましょう。こちらから登録することが出来ます→GoogleにURLを追加する

google サイト登録

このような画面になりますので、URLの部分に作成した新しいサイトのURLを入力してください。

そして、不正登録対策であるテキストを入力する必要があります、上記の例で行きますと「18635938」と入力します。

そして【リクエストを送信】をクリックします。

google サイト登録 リクエスト受信

このような表示がされ受理されます。

これで少しでも早くGooglebotに登録されるようになります。

まとめ│とりあえず実施することが重要

Googleへの登録自体はこれで一応完了となりますが、正直この登録は気休め程度であると思っておいたほうが良いかもしれません。

しかしサイトを作成したらとにかく登録はしておいてください、しないよりはしたほうが良いのは当然ですのでね。

現在はロボットのクロール速度が速くなったとはいえ、放っておいてはGooglebotはすぐにはクローリングしてくれませんので。

さらに詳しくGooglebotの状況を知ったり、サイトを上位表示させるためのツールとしてGoogleウェブマスターツールというものがありますので、次のページでは登録方法と利用するべき点について紹介したいと思います。

Googleウェブマスターツールを利用する へ

ネット副業入門をトップから見る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ