SEOの基本!アクセス解析して客観視

この記事の目安時間: 約9分で読めます。
アクセス解析を設置してニーズを知る
自分で出来るSEO対策 情報収集編

SEO対策 集客

アクセス解析を設置する

SEO対策として自分のサイトに訪問してもらうためには自分のサイトがどのように見られているかをまず考えていく必要があります。

その為にはまずアクセス解析というツールを導入しましょう。

これはその名の通り、自分のサイトへどのようなアクセスがあるかを調査出来るというツールなんです。

簡単に言いますと、訪問してくれた方がどのような方なのか、あるいはどのようなページを見てくれているのか等々を知ることが出来るサービスです。

このアクセス解析は無料ブログのサービスに付与していることも多いのですが、実はあまり正確な数値ではないと言われています。

訪問者の数やページビューなどが水増しされているとも言われており、その数値をそのまま鵜呑みにしていくことは危険です。

アクセス解析はサイトの人気ページやそうでないページなどを見分けることも可能ですから、例えば人気ページからどのように次のページを見てもらうかなどの戦略を立てるために必要なツールですから、不正確な数字ですと戦略も立てにくいということになります。

こちらではアクセス解析についての詳細説明と無料でも使い勝手の良いサービスを紹介していきたいと思います。

アクセス解析を導入するメリット

アクセス解析は自分のサイトへの訪問者がどういった国や地域から訪問しているか、あるいは新規なのか再訪問なのか、どういった経路でサイトへやってきたか、検索エンジン経由であればどのようなキーワードで検索して訪問してきたのか等々を確認することが出来るツールです。

  • いつ来たのか? ・・一日当たりの時間帯を含め、週間、月間それぞれ確認できる
  • 何人ぐらい来たのか?・・日間、週間、月間それぞれの訪問数を確認できる
  • 来た人は何回目の訪問なのか? ・・新規の訪問者かリピーターかを確認できる
  • どこから来たのか・・国や地域が確認できる上に、検索エンジンやリンク先からの流入を確認できる
  • パソコンで見ているのか?スマホ?あるいはタブレット?・・訪問者の端末をチェック可能
  • OSは何を利用しているのか?・・WindowsかMACなどの種類だけでなく、バージョンも確認可能
  • どんなキーワードで来たのか?・・検索エンジンからの流入はどんなキーワードで来たかを確認可能
  • それぞれのページの滞在時間はどれくらいなのか?・・ページの滞在時間が確認できる

そういった情報を詳細に解析し、情報として利用できるために今後の戦略を立てる意味でも重要になってきます。

例えば人気のページへの導線を分かりやすくすることや、トップページにその内容を掲載する等を実施すればさらに訪問者が増える事でしょうし、直帰率の高いページは見直しをすることでその他ページへ導くことも出来ます。

つまりアクセス解析は訪問者の情報を客観的に知ることが出来、さらに利用することで今後につなげるための重要なツールであるという事です。

設置して終わりではなく情報を精査し常に訪問者の動向に目を配ることでさらなるアクセスアップにつなげていきましょう。

アクセス解析導入のデメリット

アクセス解析は情報を利用するのにあたりメリットこそあれデメリットは無いのですが、あえて挙げるとすれば無料のサービスを利用すると広告が掲載されるという事です。

無料でもサイトには広告が掲載されないものもありますのであまりデメリットというほどではありません。

アクセス解析についてよくある質問

アクセス解析って本当に必要なのか?そう思う方もいらっしゃることでしょう。

後になってから設置しておけばよかったとならないように後悔はしてほしくはないので是非設置だけでもしておこうという風になってほしいと思います。

アクセスカウンタとは違うの?
アクセスカウンタはそのサイトへの訪問者数を示すものです、アクセス解析は訪問した人がどのような行動を取ったかを詳細に確認できるものです。また、基本的にアクセス解析は外部に伝えるものではなく、自分が今後の戦略対策のために役立てるツールであるものに対し、アクセスカウンタは外部に向けて(訪問者)自分のサイトの人気度をアピールして信用してもらうための広告的な役割があります。

何ページまで解析できる?
基本的には何ページでも解析することが可能です。日々の更新が多いブログなどは解析ページは増え続けますが、特に問題なく利用できるでしょう。

初めてでも利用できる?
初心者でも簡単に利用できます、基本的には各ページに解析タグを貼るだけです。ただし、Htmlなどのホームページで作成する場合には後から全てのページにタグを貼るのは大変ですから出来るだけ最初から貼っておく方が良いでしょう。

どんな時にアクセス解析を利用する?
自分のサイトを客観的に見たいときに利用します。例えば、アクセスは多いのに成果につながっていないなどの場合には訪問時間やユーザーの行動をチェックすることで原因が分かることがあります。

アクセスは多いが直帰率が高いのであればそのページは訪問者にとって使いずらいものである可能性が高いので、ページ内容自体を見直す必要があります。

アクセス解析は無料のサービスを使いましょう

アクセス解析はいろんな種類がありまして、利用すること自体は簡単ですが選ぶのが難しいという点があります。

また無料ブログや無料のホームページサービスに付いているアクセス解析は不正確なものが多いためにおススメは出来ません。

次項では無料で利用できるサービスについて紹介していきたいと思います。

特にアクセス解析は特殊な言葉が使われており利用が難しいものがありますが、こちらでは初心者でも使いやすく直感的に利用できるサービスを集めていますので参考にしていただけると幸いです。

ベスト1位 Ace-analyzer│初心者でも扱いやすい

Ace-analyzer

エースアナライザーは初心者でも直感的に利用しやすいという利点があります。

無料であるにも関わらず、Googleクローラーの訪問状況が分かるのでSEO対策にも役立てることが出来ます。クローラーを呼び込むことが検索結果の上昇にもつながりますので。

またリアルタイムでの訪問者の状況を確認することも可能ですし、閲覧パターンを見れば最初に訪れたページ、2番目に訪れたページの中でそれぞれTOP10が円グラフによって視覚的に分かるので人気ページが一目で分かります。

無料のため広告も掲載されますが、その広告自体がテキストで非常に小さく目立たないという点もありがたいですね。

ベスト2位 i2i.jpアクセス解析│視覚的に分かりやすい管理画面

i2i.jpアクセス解析

i2i.jpもやはり初心者向けの使いやすいアクセス解析です。

解析ページでは、パソコン、スマホ、携帯のそれぞれのページビューが一目でわかるように表になっていますので、それぞれに特化したサイトを作製するのには使いやすいですね。

メニューから見たいページが分かりやすいので初心者でも一目で分かりますし、ページビューがグラフ化してあるので見た目でも直感的に理解しやすいというのが良いですよ。

パソコンで見る分には広告は非常に小さいバナーとなっており目立たないのですが、スマホでサイトを見るとオーバレイ広告という、あのメニューのところにくっついてくるタイプのバナーが表示されますので、スマホサイトには不向きかなと思いますね。

ベスト3位 Googleアナリティクス│玄人向けの管理画面

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは玄人向けの設計になっており、初心者であれば少しその画面に戸惑うでしょう。

聞きなれない言葉が多く、専門的な設計になっているので直感的には使いずらく、使いこなすにはかなり本格的に勉強する必要があります。

高機能すぎる上に、専門用語が多いので初心者向けではないのですが、使いこなせると重宝できる武器となるでしょう。

Googleが運営しており完全無料なのにもかかわらず、広告が掲載されないので個人的にはおススメではありますが、難しくて結局使えなくなるということを考えれば初心者の方は上のエースアナライザーの方がおススメかもしれません

SEO対策を実施するへ戻る

ネット副業入門をトップから見る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ