レバレッジとは?-はじめてのFX取引-

この記事の目安時間: 約6分で読めます。
FX取引におけるレバレッジとは?
少ない金額で大きな取引が出来る FX基礎知識編その1

FX投資で稼ぐ

このページに出てくるFX用語の概要

  1. レバレッジ・・少額の資金で大きな額の取引が出来る、最大25倍までの取引が可能
  2. 証拠金・・資金を担保として取引を保証するためのもの、損益によって証拠金が増減する

そもそもレバレッジって何

てこの原理 レバレッジ FX

レバレッジのもともとの意味は小さな力で大きな物を動かす「てこの原理」という意味を持っています。

FX取引におけるレバレッジ効果は少額の資金でも大きな額を動かせる取引が出来るということなんです。

1ドル=100円の時に1ドルを買い、1ドル=110円の時に1ドルを売れば10円の利益が出ますが、それでは元手が少ないために利益も少なくなります。

仮に1万ドル購入し、同じ条件であればどうでしょう。利益は10万円となります。それには大きな元手が必要となりますがその元手が少なくても取引が出来るというのがレバレッジ効果なわけです。

日本の場合にはレバレッジは最大25倍までと規制されていますので、1万円の投資資金で最大25万円分のFX取引が出来るというわけです。

仮に1ドル=100円の時に1万ドルを外貨預金するのであれば100万円分が必要となりますが、FX取引の場合には最低4万円の資金で1万ドルの取引が出来るというわけです。

投資を始めたいけれども、資金が少なくて無理だろうなと、そんな風に考えている人に向いている投資がFX取引なんです。

レバレッジ効果における証拠金

FX取引には最少の取引通貨が決まっていまして、基本的には1万通貨が最低ラインと考えてください。(現在では少額取引として1000通貨からのミニ取引を扱う業者もいますが)

そしてこの1万通貨の取引の事を1LOTと言ったり1枚という風に言われています。

つまりドルの場合には1万ドルが最低の取引額になるというわけですね、レバレッジ25倍で取引するのであれば1ドル=100円の時は4万円分が証拠金ということになりそれを担保という形で取引を行うというわけです。

ですから預けたお金が直接取引に使われておるわけではなく、あくまでも担保として損失が出た場合にはこの証拠金で精算するということです。

レバレッジをかけすぎるとリターンだけでなくリスクも大きくなる

レバレッジを常に最大25倍で取引するということは大きな見返りを期待しての事かと思いますが、為替レートというのは常にあなたの思っている方向へ動くとは限りません。

自分の思っている方向の反対に動くということはそれだけマイナスになるリスクも高くなるということです。

1ドル=100円の時に取引した場合

レバレッジ2.5倍 レバレッジ25倍
証拠金 4万円 4万円
取引通貨枚数 1000ドル 10000ドル
1ドル=101円の円安 1000円の利益 1万円の利益
1ドル=99円の円高 1000円の損失 1万円の損失

※利益と損失は決済した暁には証拠金に加算または減算されます

リスクを自分でコントロール | レバレッジの計算方法

FX取引はリスクが大きいと言われていますが、そのリスクはレバレッジをかけすぎないことで自分でコントロールが出来ます。

特に初心者のうちはレバレッジを3倍ぐらいで取引することをおすすめします。

FX会社の中にはレバレッジを計算してくれるところもありますし、レバレッジを指定して注文できる会社もありますが、基本的には自分で計算する必要があります。

自分のFX口座に入れている証拠金の額からレバレッジを計算して取引する枚数を決めていきましょう。

FX レバレッジ 計算方法

例えば1ドル=100円の時に1万ドルを取引しようとして、FX口座に証拠金が10万円ある場合にはレバレッジは10倍ということになります。

【1万ドル×100円÷10万円=10倍】ということになります。

まとめ | 少額資金でスタートできる魅力

FX取引におけるレバレッジとは自分の手持ち金額よりも大きな取引をすることが出来るために、資金の少ない人でも投資を行いやすいという利点があります。

ただし、レバレッジをかけすぎることはリターンだけでなくリスクも大きくなるということを覚えておき、初心者はレバレッジを低めから始めていきましょう。

投資のプロと呼ばれている人たちでも相場の動きを読むことは非常に難しく、どんな動きをするかはその時々によって大きく変化します。

リスク管理をしっかりと覚えてそれから投資に臨むようにしていきましょう

FX取引における損益計算 へ

ネット副業入門をトップから見る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ