DMM.com証券の特徴

この記事の目安時間: 約7分で読めます。
DMM.com証券の特徴
FX取引会社を選ぶ

FX投資で稼ぐ

DMM.com証券の特徴と覚えておきたい5つの事

  1. 実質的な手数料であるスプレッドの狭さが特徴
  2. スワップポイントの買いと売りの額が同じのため分かりやすい
  3. ドル/円のスプレッドが0.3銭(原則固定)
  4. クイック入金対応の金融機関は370機関
  5. 取引高世界第2位という新興勢力ならではの勢いがある

DMM.com証券の特徴

dmm.com証券は比較的新しいFX会社ではありますが、テレビCMなども多く打ち出しており親しみやすい印象のあるFX会社です。

その特徴としてはスプレッドの狭さスワップポイントの高さでしょうね、スプレッドの低さは特に業界でも最低水準となっており、デイトレードにも最適のFX会社です。

スワップポイントも他社より高めに設定されていることもあり、長期トレードにも向いています。

トレードのしやすさにのみ特化したそのスタイルは、世界取引高第2位といった数字にも表れている通り多くの投資家から信頼されている取引会社です。

dmm.com証券公式サイトで詳細をみる

スワップポイントが分かりやすい

スワップポイント

多くのFX取引会社で設定されているスワップポイントの上を行くスワップポイントの高さが特徴ではありますが、DMM.com証券のスワップポイントはそれだけではありません。

というのも、買いスワップと売りスワップの値が同じ数値となっており、その数値が+か-かという分かりやすい設定になっているんです。

多くのFX会社では買いスワップに対して売りスワップはかなり高めの設定となっているところが多く、その分を利益としているところが多いんですよね。

スワップポイントは2国間の金利差に応じて決められるのに数値に差があるのはおかしいと思うのですが、そういった疑念を感じさせないという点がDMM.com証券の魅力の一つと言っても良いでしょう。

スプレッドの狭さが業界最高水準

FX取引の手数料ともいうべきスプレッドですが、これは取引回数や取引量に応じてその差が大きく出てきます。

DMM.com証券のスプレッドの狭さいうのは業界最高水準となっておりドル/円で0.4銭という低さを実現しています。

しかもすべてのペアに関して全体的に低く設定してあるんです。

こういったスプレッドの狭さは主要通貨のみ低くしておいて、マニアックな通貨などに関しては高めに設定している会社も見受けられる中全体的に低い設定としているので投資家にとってはありがたいです。

最初はメジャーなペアで取引していても、取引に慣れてくると他の通貨でも取引したくなる時もくることでしょう、そんな時低いスプレッドを実現しているDMM.com証券であれば使い勝手が良いということです。

チャートの設定がしやすい

チャートは見やすく自ら設定しやすいということが最も大事なことですが、こちらのチャートには29種類のテクニカルを設定することが出来ますので、自分に合ったチャートにすることが可能です。

シンプルで操作性が良いだけでなく1画面で多くのチャートを比較することも可能で、オリジナルのチャート画面にカスタマイズさせることが容易に出来ます。

比較チャートにするには為替の他のペアだけでなく、日経平均株価や金、原油などの他のチャートとの比較も出来るので相関関係の確認にも利用出来ます。

また、ファンダメンタルズとのリンクも出来ており、チャート上をクリックするだけで経済指標発表時値動きのチェックも可能ですので一目でどんな動きをしたのかもわかるようになっています。

こういった操作性はパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも見やすく使いやすいですし、専用のアプリだけでなく、ダウンロードの必要が無いアクセスするタイプの取引きツールもありますので用途によって使い分けが出来ます。

家でじっくりとトレードだけでなく外出先でもどこでもトレード出来る環境があるということです。

DMM.com証券の信託保全は

FX会社は万が一に備えて2つの信託銀行で管理していることが多いですが、DMM.com証券も例外なく2種類の信託銀行を利用しております。

  1. 日証金信託銀行
  2. SMBC信託銀行

一つに銀行が破綻した場合にでも、もう一方の銀行へ差し替えることでリスク保全を実現しているということです。

クイック入金システムで手数料無料

Dmm.Com証券への入金方法はクイック入金システムをで行うことになっています、クイック入金で行うことで振込手数料が無料となっていますし、24時間動き続ける為替レートに夜中でもすぐに入金できるためにロスカットなどの危険性を回避することが出来ます。

また、対応する銀行は370種類となっており、メガバンクは当然ですが地方銀行でも利用出来ますのでほとんどの銀行が利用出来ますが、一部の銀行では使えないために新たに取引をするのであればネット銀行の口座開設を行うのも良いでしょうね。

DMM.comの基本情報

運営会社 株式会社DMM.com証券
出金手数料 無料
入金手数料 クイック入金は無料
最低取引単位 10000通貨(=1lot)
スマホ対応 Iphoneアプリ対応
Androidアプリ対応
スプレッド 米ドル/円 0.3銭(原則固定)
ユーロ/円 0.6銭
豪ドル/円 0.7銭
ポンド/円 1.1銭
ユーロ/ドル 0.5pip

DMM.com証券の現在キャンペーン情報は?こちらからご確認ください

外為オンラインの特徴 へ

ネット副業入門をトップから見る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ