FX取引は長期投資と短期投資投資のどちらが良いか

この記事の目安時間: 約5分で読めます。
長期投資か?短期投資か?
FX投資の戦略を考える

FX投資で稼ぐ

自分に合った投資スタイルを

全ての人に当てはまる正しい投資スタイルは存在し得ません。

昼間仕事で時間の取れない人に短期トレードは難しいでしょうし、回数を極力減らした長期間トレードで金利差を利用したスワップポイント狙いの人もいる事でしょう。

投資は確実に儲けれるものではありませんので、自分に合ったスタイルの長所と短所をしっかりと見極めましょう、他の人が稼げた方法が自分に合っているとは限らないことを覚えておきましょう。

長期間投資と短期間投資の種類

投資のスタイルには様々なものがありいろんな側面から考える必要がありますが、そのうちの一つの基本的な考え方としてはその時間軸における投資スタイルがあります。

  • ポジショントレード・・数か月単位でのトレード
  • スイングトレード・・数日間単位でのトレード
  • デイトレード・・数時間単位でのトレード
  • スキャルピングトレード・・数分単位でのトレード

簡単に分けると上の4種類となります、ポジショントレードがいわゆる長期投資という事になりますね。それぞれに長所と短所がありますので、自分がどの程度FX投資に時間を使えるかを考えてその方法を考えるようにしましょう。

ポジショントレード|長期投資

ポジショントレードは長期的にポジションを持つことで、投資の時間が取れにくい忙しい人に向いていると言えます、主なメリットとしましては・・

  • スワップポイントを毎朝受け取ることが出来る
  • 常に相場を見ておく必要が無い

主にスワップポイント狙いのトレードとなるために、長く保有すればするほどそのスワップ金利を受け取ることが出来ます。では逆にデメリットとしては・・

  • スワップ金利以上に為替差損が出る可能性がある
  • 保有中に二国間の金利差が変動しスワップが小さくなる可能性がある

トレードを行うに当たって注意すべき点はスワップポイントを狙うトレードなのでポジションを持つ時には高金利通貨を選ぶ事と、レバレッジを極力下げて1~2倍程度に抑えるようにしましょう。

長期的にポジションを持つので含み損を抱える恐れがあるので、レバレッジを下げて相場の急変動には耐えうる状態にしておく必要があります。

短期投資

短期投資は数日間程度までの売買を中心にしたトレード手法で、基本的には為替レートの値動きのみによる利益を狙います。

デイトレードやスキャルピングといった手法になると特に日をまたがないのでスワップポイントの恩恵を受けることが出来ませんが、短期投資のメリットとして為替相場の急変動に対応したトレードが可能であるということが挙げられ、何度も利益を上げられるということがあります。

ただしデメリットも存在し、

  • トレードの回数が増えるため手数料であるスプレッドを多く取られる
  • 一回の利益を大きくするためにレバレッジを大きくして取引

どうしても上記のようなデメリットはついて回りますが、特にレバレッジを大きくして取引したくなるのに対しては、ストップロス注文をしっかり入れる事やレバレッジは何倍までのように自分の中で明確なルールを設けて取引することを心がけましょう。

とにかく短期トレードはなんとなくなトレードは厳禁でテクニカル指標などを活用したトレードを行うことと、常に相場を確認できる環境と時間が必要であるために忙しいサラリーマンや主婦の方向けには難しいと認識しておきましょう。

まとめ

自分が投資に対してどの程度時間を取ることが出来るを考えることから始めて、自分に合った投資スタイルを見つけることが大事です。

長期投資の場合にはリスクと言う面では小さくなります、期間が長いほど一時的な下落があってもその後の上昇で打ち消されるためです。初心者や忙しい人にとってうってつけと言えるでしょう。

短期トレードの場合には変動が多ければ多いほどその利幅を取るチャンスがあります、しかしその反対にリスクもあるということになりますので、ストップロスやレバレッジなどの自分ルールを明確に設定しておくようにして、リスク管理を忘れないようにしましょう。

FX取引で長く稼ぎ続けるコツ

ネット副業入門をトップから見る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ