ライティングで良い記事を書く方法

この記事の目安時間: 約10分で読めます。

副業 中級者

ライティングで記事の書き方のコツと覚えておきたい6つのこと

  1. 読み手側になって客観的に良い文章を書く
  2. 自分の得意分野や経験から書きやすい文章から始める
  3. 多くの記事に触れて手と頭をライティングに慣れさせる
  4. オリジナルの記事で会話調を避ける
  5. 小さな目標を立てることでモチベーション維持に努める
  6. 知らないキーワードで記事を書くにはwikiだけでなく企業サイトを利用する

書いた文章が読まれることを意識する

「良い文章を書けば採用率が増えることでしょう。」

日本語の難しいところです、良い文章って人によって感じ方が違えばどういった文章が良いとされるかはその人次第ですから。

しかし一般的に良いとされるものはありますし、当方が実施する際に気を付けていることについて述べていきますので、参考にして頂いてライティングに生かしてくださいませ。

読みやすい文章の基本は誤字脱字の無い文章

サイトや本の文章を読むときに声は出さないものの、頭の中で実際に読んでいることが多いでしょう。

誤字脱字があればスラスラと読めないことはもちろんのこと、表現を工夫したり句読点を適度に利用することで、ストレスを感じさせない読みやすい文章に仕上げましょう。

読む側に立った文章表現を使う

読む側とは決して審査をする人のことではありません、テーマから考えてどういった人が対象となる文章であるかということです。

読み手のことを想定し、自分にとってはわかることでも相手にとっては分からないような言葉や表現を使うことは良い文章とは言えないでしょう。読み手を想定し言い回しを工夫することで良い文章となってくるでしょう。

根拠や事例があると読みやすい

無駄に長く感じてしまう文章や理解しにくい文章に共通していることが根拠がないということなんです。

内容に応じて根拠や例を記載することでより分かりやすい文章になりますし、「この文章はとても良いです」というよりも「この文章は知識がなくても読みやすいのでとても良いです」となぜ良いかを具体的にすることでイメージが湧きやすくて良い文章になるでしょう。

自分の得意なテーマから始めてラィティングになれること

得意分野から始めることは当然と言えば当然の事かもしれません。ライティングの初心者でいきなり自分の知らない事象に対して文章を書こうとする人はいないかと思います。

まずはライティング自体になれるためにも、自分が知っていることに関するテーマから選んで利用していくべきでしょう。

逆に言えばテーマを選ぶ時には自分の得意分野であることだけに絞って探せばよいと思います、初心者の段階で文字数ですとか報酬額というものはチェックする必要はないでしょう。

まずは経験のあるテーマを用いてライターとしての経験を積むことが一番大事なこととなります。

自分が書きたい文章を選ぶのは後まわしにして、何が書けるかを考えてテーマを選んでいきましょう、数をこなすことで自分の好きな書きたい文章に近づいていけると考えて実施しましょう。

オリジナルの文を書くことは最低ライン

自分の得意分野のテーマで書くうちは基本的にオリジナルの文章となることでしょう。予期せぬ被りはわかりませんが。

ライティング業務は文章を書くだけです、しかしこれが難しいのです。

どこかからのページをコピーしてそれを文章にするのはもっての他ですし、会話調の文章にならないようにしましょう。

ライティング業務だけでなく文書を書くときはどんな時でも丁寧語「ですます調」を心がけておくことをおすすめします。

記事のリライト

記事のリライトってご存知でしょうか。リライトとは簡単に言えば、すでにある記事を自分の文章に変えてオリジナルの記事にする事を言います。

しかしこのリライトを勘違いしている人が多いんです、コピーした文章の語尾を変更し「です」の部分を「である」に変える、文言の前後を入れ替える等の変更を行ってそれでリライトとしている人はいませんか。

それはリライトではありません。ただのコピーです。

リライトは自分の文章に変えてオリジナルの記事とすることですので、リライトする際に最も気を付けること、やってはいけないことは一つです。

記事をコピーしないこと(コピペ操作)

これだけです。これは精神的な意味だけでなくコピーという操作自体をしないということです。リライトをするのであればその元記事のテーマや構成のみを参考としあとは自分の文章で書くということです。

コピーして貼り付けた文章の部分部分を変更していく作業はリライトではないと覚えておきましょう。

モチベーションを維持するには

ライティング作業をずっと利用しているとだんだんとやる気が下がってくるということもあるでしょう。

パソコン内職として在宅ワークとして利用するのがライティングの良いところですので、いつでもやめようと思えばやめることが出来ます。

ただ、仕事であるという意識だけは持っておきましょう。

仕事をするときは休憩するにしろ、帰宅するにしろ、ある程度キリの良いところまでは行ってから切り上げることがほとんであると思います。

自分の中で目標を見つけ、それに向かって作業をこなしていく、キリの良いところまでいったら自分への報酬を作る。

小さな目標と小さな自分への報酬を作ることで、モチベーション維持につながりますので一度実施してみてはいかがでしょうか。

ライティングに慣れたら新境地開拓│知らない分野の記事の書き方

記事を書くことになれるため、稼ぐためにたくさんのライター記事をこなしてきましたが、書ける記事が無くなってきました・・・

脱初心者の方にこそ実施してほしいのが、新しい分野での記事作成です。

今まではとにかく慣れてもらうためにも常に自分の得意分野での記事作成をしてきましたが、書ける記事が無くなってきたということはすでにライティングのスキルは中級から上級者ということでしょう。

そんな人が次に目指すのは知らない分野、特殊な分野での記事作成になります、そしてそういったマニアック案件というのは報酬が高いことが多いんです。

まずそんな知らないことの記事をかくのであれば当然調べると思いますが、調べると言えばウィキペディアが真っ先に思い浮かぶことだと思います。

しかしWikiというのは専門的に書いてありますし、何か分かりづらい文章で書いてるものですから、勉強するにしても参考にするにしても小難しい感は否めません。

そんな時に利用してほしいのが、企業サイトです。

企業サイトをいくつかピックアップ

企業サイトというのは、消費者に分かりやすくをモットーに文書が書いてありますし、Q&Aなども設置してありますので初めての人や知らない人でも分かりやすいという利点があります。

wikiでは分かりづらかったものも企業サイトの説明では理解しやすいものが多いです。

そうした消費者目線でのサイトはこれから記事を書く側としても客観的に読み手側になれますので記事を書きやすくなることでしょう。

こういった企業サイトをいくつかタブで開いておき、参考にしながら記事を書いていくことで新しい分野でも比較的記事が書きやすいことだと思います。

ただしあくまで参考ですから、コピーして変更するということはダメですよ。上述しましたがそれはリライトではありませんからね

まとめ│ライターはやってみないと向き不向きが分かりません

文章を書くことは難しいことではありませんし、比較的簡単であると言えます。

しかし相手にとって読みやすいかは別問題ですから、客観的に読み手の目線になることが重要です。

そういったライティングの技術やタイピングのスキルというものはやっていくうちにどんどん上がっていきます。

ですから自分には出来ないとあきらめずにまずはやってみましょう、当サイトで実施中のサイトはすべて無料で利用が出来ますからね。

そしてすぐに時給に換算して割が合わないとやめるのではなく敢えて時給換算はせずにまずは1か月続けてみましょう。それからでも遅くありません計算するのは。

技術が上がればスピードも速くなりますから一か月後には良い速さで記事をこなせているかもしれませんし、仮にもしそれでやめるとしてもあなたにはスキルとキャリアが残ります。

まずは登録してみて行動してみてそれから判断しても遅くはないと思いますよ、おすすめのライターサイトはこちらから↓

Shinobiライティングは案件が豊富でキャンペーンで稼ぎやすいライターサイトです。

パソコン内職で副収入の稼ぎ方へ戻る

ネット副業入門をトップから見る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ