はじめてのネットオークションで副収入を稼ぐ方法とは?

この記事の目安時間: 約10分で読めます。

副業 中級者

オークションを利用して商品を売って稼ぎます

オークションで稼ぐ、一見すると難しいと思われるかたもいるでしょうし、オークションは参加したことがあるけど落札は経験あるけど出品はしたことが無いという方が大半でしょう。

商売をしたことがない方も多いでしょうが、基本的にはネットオークションといえど、考え方は同じです。そう安く仕入れて高く売るこれが基本です。

仕入が難しい、それは当然だと思いますが、まずは今自分が持っているいらないものをオークションに出品してみませんか。

誰にも一つぐらいあると思います、全然使用していないのになぜか捨てられないものとか、買ったもののほとんど使わずに家の中にあるもの。

中古品でも良いのです、あなたにとって必要でないものでも他人にとっては必要なのかもしれませんし。

捨てられないものでも誰かに使ってもらえるならあげても良いと思っている方はいらっしゃいませんか。

貴方の周りには必要だったりあげたいと思う人がいないかもしれませんが、インターネットを利用すればそんな人が全国に世界にはいるかもしれません。そのためにもぜひネットオークションを利用してみませんか。

まずはそんな不用品や用済みのものから出品してみましょう。無料でも良いと思っていたものが思いもよらない価格で落札されることがありますので、とにかくこのサイトでずっと言っていることがありますが、動くこと、始めることが大事ですからね。

不要品がオークションを利用するだけで副収入へと変わる可能性を秘めているんです、一石二鳥の副業それこそがネットオークションです。

ネットオークションを知る

オークションというのは出品者落札者がいる売買方法で、出品者に対して多数の入札者がいるわけです、入札者で最も高い金額を表示した人が落札者となるものです。

そしてそれをインターネット上で実施するものがネットオークションです、これで副収入を得るためにはまずは出品者になる必要があります。

出品するのに必要なものは

ネットで出品するわけですから、まずは商品を撮影する必要があります。ネット上に画像をアップしますのでデジカメで撮影する必要がありますが、今ならスマホや携帯電話でも問題はありません。

とにかくネットオークションで最も目立つものですし、落札者は商品が見られない以上そこで確認するしかありませんので、重要な部分であることはまちがいありません。

実際に出品するときに気を付けることは

まずは正直に包み隠さずに商品を見せること、伝えることこれが最も大事なことです。

とにかく中古品であれば中古品である旨、若干の使用感がある、傷やへこみがある 等々

後のトラブルを避けるためにもありのままを商品ページに載せるようにして、質問があればなるだけ早く答えるようにします。

ネットオークションで落札することは落札者にとっても不安要素はたくさんあります。自分が落札する側だったらどう思うかを常に考えるようにしましょう。

オークションへの出品手順について│出品から落札、評価まで

ヤフオク 出品

ネットオークションサイトはたくさんありますが、どのサイトも大体同じような手順となっています。

また、ただやみくもに出品するというわけでなく、出来れば季節ものの場合は、最もニーズの高まる時期よりも2~3か月程度前から出品することをおすすめします。

そうすることでさらに落札される率を高めることが出来るようになりますのでね。

最も利用者の多いオークションサイト、ヤフオクに準拠した形で説明致します。

手順1 まずは商品を決めましょう

まずは何を出品するか決める必要があります、先述したようにまずは慣れるためにも家にある不要品を探してみましょう。

もちろん中古品でも構いません、読んでしまった本や服などでも問題ありません。

特に服はお子さんのいらっしゃる方には良いと思います、子供はすぐに大きくなるのであまり着ていない服などがあると思います。

そういった自分には必要ないものでも他人には必要なものがあるかもしれませんので、出品してみるのも良いですね。

手順2 商品の撮影をしましょう

ネットークションで最も重要となる部分です、とにかく目立つものですし、入札するかどうかはこの写真にかかっているといっても過言ではありません。

たまに写真のない商品を見かけますが、いくら即落価格が安くても実物が無いと不安で入札しようという気にすらなりません、少なくとも管理人は。

写真は基本的な考え方としまして、

  1. 全体像を映したもの
  2. キズやへこみの部分を含む別アングル
  3. ブランド名やサイズなどの特徴を含む別アングル

大体このような形が良いと思いますが、あくまで一例ですので。

また写真の枚数はヤフオクでは3枚まで、楽天オークションでは6枚まで掲載が可能です。

手順3 商品の説明文を考えましょう

写真が用意できればいよいよ説明分を考えます、見てくれた人が入札したくなるような文章を書ければベストですが、とにかく必要事項と事実をありのままに伝えることが大事です。

商品の名称と状態、さらには詳細部分となるスペック、特に商品の詳細は必須事項です。

服の場合ならサイズやブランド名など、何を購入するか詳細を決めていない入札者の方はブランド名で見に来てくれることもあります。

あとは配送方法や発送時に梱包するサイズなどを決めておきましょう。

あとは対応できる銀行なども記載しておくとよいでしょう、さらには送料の負担をどちらにするかを明記しておくことが大事です。

手順4 出品してみましょう

いよいよ出品です、出品する商品にあったカテゴリを選択し、オークションの終了日時を設定して出品してみます。

あなたの商品を見に来てくれた人の数もわかりますし、ウオッチリストに登録された数もわかります。

ウオッチリストに登録された数が多いと落札される可能性が高いです、落札されるのを楽しみに待ましょう。

手順5 落札されてから発送まで

落札された場合は、まずはお礼と発送方法、入金方法、入金額などを落札者へ連絡します、送料を落札者負担の場合は落札額+送料を入金額とし、振込手数料をご負担願います等を記載して落札者へ連絡しましょう。

ヤフオクには取引ナビというものがありますのでメールで直接やり取りする必要はありません。

商品代金が入金されてから発送するようにしましょう。発送したらまた発送した旨を落札者へ伝えましょう。

手順6 発送したら最後の仕事、評価を行いましょう

オークションでは最後は相手方の評価をして終わります、特にトラブルもなく、スムーズに取引がが終えた場合には「非常に良い」という評価にするのが一般的です。

この評価はきっちりとおこないましょう。相手も自分に対して評価を行います。いつまでたっても評価をされない場合はあなたの評判も悪くなってしまいます。

悪い評価が1つでもあると入札者は入札をためらいます、次回以降のためにも確実に評価を実施しておきましょう。

以上がネットオークションの出品における簡単な流れです、難しい操作は特にありませんのでとりあえずやってみましょう。

下記以降ではオークションサイトについて簡単に説明したいと思います。

ベスト1位 ヤフオク!(旧Yahooオークション)│参加者が日本最大のネットオークションサイト

ヤフオク 出品

ヤフオクはいわずと知れたYahooJAPANが運営するネットオークションサイトです。

オークションといえばヤフオクといっても過言ではないでしょう、他のオークションサイトとは参加者の数が一桁違いますので、日本で最も有名なオークションサイトです。

出品するにあたっては月額399円となるYahooプレミアム会員への登録が必須となります。

同制度は毎月勝手に自動更新とされますので、出品するときだけYahooプレミアム会員になっても問題ありませんのでね。

 月額399円の会員費必要

 日本で最も有名なオークションサイト

ベスト2位 楽天オークション│楽天市場の出店者によるオークションも多い

楽オク 出品

楽天オークションは楽天市場を運営する楽天グループによって運営されているネットオークションで信用度は高いです。

落札に楽天スーパーポイントが利用できるため楽天グループ利用者に特に人気の高いオークションサイトです。

また、楽天オークションは出品するだけなら完全無料となっており、月額利用料の必要なヤフオクとの差別化を図っています。

ヤフオクに比べるとどうしても参加者数が見劣りしてしまいますが、完全に名前や銀行口座を伏せたまま最後まで取引が出来る匿名オークションはトラブル回避のためにも素晴らしいシステムであることは間違いありません。

 楽オクは出品者登録無料

まとめ

他にもネットオークションサイトはあります(モバオク とか)どうしても上の2種類に比べて大きく見劣りしてしまいます。

オークションはヤフオクを利用するか、匿名での取引を希望ならば楽天オークションを利用するのが良いと思いますね。

次のページでは成果が上がりやすいせどりについて紹介したいと思います。

せどりで副収入を稼ぐ方法とはへ

ネット副業入門をトップから見る

“はじめてのネットオークションで副収入を稼ぐ方法とは?” への1件のフィードバック

  1. […] はじめてのネットオークションで副収入を稼ぐ方法とは? | ネット副業入門 … オークションを利用して商品を売って稼ぎます オークションで稼ぐ、一見すると難しいと思われるかたもいるでしょうし・・・(続きを読む) […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ