ネット銀行が副業用口座におすすめの理由

この記事の目安時間: 約10分で読めます。
外食費を半額にする方法とは!?
覆面モニターでお得に生活

副業に関するコラム

ネット銀行の特徴を紹介

ネット銀行の利便性

ネット銀行とはインターネット専業の銀行を差し、店舗を持たずに営業しているために維持費が安く他の面に資金を回しやすいという特徴があります。

都市銀行に比べると預金の金利が高かったり、手数料が安かったりするので、ユーザーとしても維持費が安くお得に利用できるといメリットがあります。

そしてネット銀行の口座を持つことはこれからネット副業で稼ぐにあたっては非常に重要なもので、これから様々な稼ぐためのサイトを利用することになりますが、その報酬の受け取り口座に指定されていることが多いのがネット銀行なんです。

ネット関連のサービスということもあって、受け取り口座がネット銀行であれば手数料が安かったり無料であったりすることが多く、都市銀行よりもお得に利用できることが多いんです。

また、振込操作がインターネットで行えるためにATMへ行く必要がなく24時間手続きが行えるので忙しい主婦やサラリーマンの方に良い銀行でしょう。

今からネット副業を始めるのに専用の受け取り口座を用意しておくことで管理もしやすくなりますよ。

ネット銀行のメリット

ネット内職を始めるのにライティングサイトへ登録しますがその際の受け取り口座としてもネット銀行であれば手数料が安くなることが多いです。

FX取引を行うに当たってもネット銀行はクイック入金に対応しているので即座に入金できるのはありがたいです。

ネット利用だけでなく普段利用する分にもかなりお得に利用できるようになっていますのでぜひ利用してほしいと思います。

  • 24時間365日取引が可能
  • 預金金利が都市銀行に比べて高い

まずはとにかく時間がかからない、時間が自由であるということ。これは一番のメリットでしょう。

銀行へ行って並ぶ必要が無い上に、いつでも取引出来るので土曜日曜祝日でも夜間でもパソコンやスマホさえあればいつでもどこでも取引が出来るのが魅力です。

またリアルタイム決済というのも採用されており、都市銀行では振込が翌日以降になることがありますが、ネット銀行はすばやく手続きが出来るという魅力もあります。

金利が高いので定期預金がおすすめ

ネット銀行でおすすめなのは定期預金です。

金利が高いからおすすめなのですが、ネット銀行は店舗を持たないために経費が安く営業出来ますがその分をユーザーに還元しているために金利が高いというわけです。

現在普通預金に寝かせているような預金があればネット銀行口座を開設し定期預金にして少しでも利息が付く状態にするのが良いでしょう。

金利が高いのももちろんですが、自宅でパソコンから簡単に定期預金の手続きが可能ですので時間もかからないのがおすすめですよ。

ネット銀行のデメリット

ネット銀行はメリットも多いですがやはりデメリットも存在していますので紹介していきます。

  • インターネットが繋がらないと取引出来ない
  • ATMが近所に無いと入出金が出来ない

まずはネット銀行は当然ながらインターネットに繋がったパソコンやスマホが無いと取引が出来ません。

これを見ているということはネット環境はあるということですが、不慮の事故や停電などでネット環境が無くなってしまうと利用が出来なくなってしまいます。

またIDやパスワードを忘れてしまうとログインが出来ずに取引が出来なくなってしまいます。IDやパスワードなどは正規の手順を踏めば利用出来るようになりますが、一定期間利用が出来なくなるということですので管理を徹底しておきましょう。

ATMが近くにある必要性

ネット銀行は店舗を持たないが故に他の銀行のATM等を利用して入出金を行います。

現在はコンビニでのATMが普及しネット銀行はほとんどコンビニのATMで利用出来ますが、地方などにお住まいの方は提携先のATMを確認しておく必要があります。

3大ネット専業銀行を比較

ネット銀行は店舗を持つ銀行がインターネットバンキングとして利用できるものがありますが、ここではネット専業銀行に関して特に有名な3大ネット銀行である、

  1. 楽天銀行
  2. ジャパンネット銀行
  3. 住信SBIネット銀行

について比較していきたいと思います。

楽天銀行 ジャパンネット銀行 住信SBIネット銀行
3万円以上
出金手数料
216円※3 無料 無料
3万円未満
出金手数料
216円※3 162円※2 無料
3万円以上
入金手数料
無料 無料 無料
3万円未満
入金手数料
216円※3 162円※2 無料
3万円以上
振込手数料
258円※4 270円 154円※5
3万円未満
振込手数料
165円※4 172円 154円※5
pexからの
交換手数料
50円 100円 50円
  1. 入出金手数料は全てセブン銀行の場合です。
  2. ジャパンネット銀行の入出金手数料は毎月初回は全て無料になります。
  3. 楽天銀行の出金手数料は銀行残高の額によって、最高月間7回まで無料になります。
  4. 楽天銀行の振込み手数料は給与受取口座にすることで、月間3回まで無料になります。
  5. 住信SBIネット銀行の振込み手数料は月間3回まで無料です。

楽天銀行|楽天グループとの連携が密

楽天銀行は以前はイーバンク銀行という名前で運営されていた歴史のあるネット銀行です。

楽天グループが運営する銀行となってからは楽天との連携が大きくなり、楽オクの振込手数料が無料になったり、楽天市場の支払いに楽天バンク決済が出来るようになったりと使いやすくなっています。

その中でも銀行の残高によってステージが決まるハッピープログラムは取引のたびに楽天スーパーポイントが付与されるというものですので、楽天ユーザーの方にはありがたい仕様となっています。

また楽天スーパーポイントを振込手数料に使えるシステムとなっており、楽天で買い物した際に貯まる期間限定ポイントの利用にちょうど良いシステムとなっています。

そのほかにも様々なキャンペーンもありますし、ほとんどのネット関連サービスの指定銀行にもなっているのでおすすめのネット銀行ですね。

楽天銀行公式サイトで詳細をみる

ジャパンネット銀行|ネットバンクのパイオニア

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は日本発のインターネットバンキングのシステムを始めたネット銀行のパイオニアというべき銀行です。

初のネット銀行ということもありセキュリティの強固さは目を見張るものがあります、トークンというシステムによるワンタイムパスワードによってその時に60秒だけ有効なパスワードを発行するシステムです。

つまり誰かに見られる心配もなく、仮に見られても一度使ったパスワードは無効となりますので安心して利用できるという利点があります。

初めてのネット銀行でセキュリティに不安のある方にこそ利用してほしいネット銀行でしょう。

以前は口座維持手数料が掛かっていたのですが、現在はそれも廃止となり無料になりましたので使いやすくなりました、おすすめです。

ジャパンネット銀行公式サイトで詳細をみる

住信SBIネット銀行|分かりやすさが秀逸

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は上の2つに比べると若干新興勢力的なネット銀行です。

しかし高金利のハイブリッド預金など優れたサービスで持って今では利用者が休息に拡大しているネット銀行です。

その中でもATM手数料が完全無料という分かりやすさは特に素晴らしいと思います、上の2種のように条件をクリアすると無料とかでなく最初から無料という分かりやすさが良いですね。

さらに振込手数料も全員が月3回まで無料という分かりやすさで、使いやすさNO1のネット銀行でしょうね。

ただ、若干新興銀行なのでネットのサービスにおける指定銀行ではない場合が多々ある点はマイナスですが、これから増えてくれることを期待しています。

住信sbiネット銀行公式サイトで詳細をみる

まとめ|一つに絞る必要はありません

ネット銀行は使い勝手の良いもので特に時間を気にせず利用できるということは最も大きなメリットでしょう。

セキュリティの面で心配な方がいらっしゃるかもしれませんが、そういう方はジャパンネット銀行のトークンを利用することで強固なセキュリティとなりますし、楽天利用者であれば楽天銀行がおすすめにもなります。

月に何回も入出金し振込する回数が多い方は住信SBIネット銀行を利用すると良いと思います。

自分のスタイルに合った銀行を選択することが良いと思いますね、別に一つに絞る必要もありませんので3つとも口座開設をしても良いでしょうしね。

以前はネックだった口座維持手数料が無くなったのでどこの銀行もおすすめ出来ます、ネット副業専用に銀行口座を作っておくと管理もしやすくて良いですよ。

外食費用を半額に出来る方法とはへ

ネット副業入門をトップから見る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ