1. ネット副業入門TOP
  2. 副業見習い│中級編
  3. オークションの写真の撮り方

オークションでの写真撮影のコツ

オークションでの写真の撮り方

オークションの画像で入札したいと思わせる

オークション用の写真撮影の方法

オークションへ出品するときに最も重要な情報源である写真は、撮影方法によっていかに相手にこの商品が欲しいと思わせることがポイントです

オークションでは写真を投稿せずに、商品の画像だけを掲載している人や、まったく画像の掲載すらしていない人を見かけますが、そういう人から商品を欲しいと思えますか?

少なくとも私はそんな出品者からは購入したいと思いませんし、購入することはありません。

おそらく在庫を持たずに商売している人だとは思いますが、購入するときに実物の商品が無いということはキズやへこみがあってもその情報すら分からないということです。

少し脱線しましたが、見た目におけるインパクトは文章よりも多くを伝えることが出来るもので、百聞に一見はしかずですよね。

特にオークションにおける画像というのはちょっとしたひと手間で魅力を伝えることが出来ますので今日からぜひ実践していきましょう。

写真撮影時のポイント

写真撮影はとにかく相手に分かりやすいという事を心がけましょう。

プロではありませんので、素人感が出ている写真で問題はありませんが、気を付けたいこととしては・・

  1. 商品の見た目を綺麗にする
  2. 接写モードを利用する
  3. フラッシュは利用しない

以上の点に気を付けるだけでそれなりに魅力のある写真を撮ることができますよ。

被写体とバック部分を出来るだけきれいに

洋服を出品するのであれば汚れが無い状態で、シワをよく伸ばしておくことが大事です。

きれいな商品というのはそれだけで好印象となります。

またいくら出品物を綺麗にしたところで後ろに生活感が丸出しの部屋などが映り込んでしまうと商品の魅力が半減してしまいます。

大きな商品などで後ろが映り込むようなときには極力きれいな場所を選ぶようにしましょう。

キズや汚れは隠さずアップで

どうしても取れないキズなどは隠すのではなく、その部分をアップにして撮影して使用感があるということを相手に分かってもらうことが大事です、その上で落札してくださいねということです。

またその際にはアップで撮るというこになりますので、接写モードにして撮影するようにしましょう。

接写モードはチューリップマークが目印です。マクロモードとも言われますので手持ちのカメラでモードを探してみましょう。

フラッシュは厳禁

暗い部屋で撮影するときや夜はどうしてもフラッシュを使いたくなりますが、フラッシュはやめておきましょう。

フラッシュで撮影すると被写体が白くなり、質感が無くなってしまいます。

出来るだけ昼間の自然光の中で撮影したいですが、夜でも電気をつけていれば綺麗に明るく撮影出来ますし、仮に撮影した写真が暗くても画像編集機能を利用すれば明るく見せることも出来ますのでね。

無料の画像編集ソフトを利用する

きれいに写真が撮影できなかったり、どうしても暗くなってしまうようなときは画像編集ソフトの利用がおすすめです。

またヤフオクでは写真が3枚までしか掲載できませんが、画像編集ソフトを利用して2枚の写真をくっつけてしまい、一つの写真にすることで多くの写真を掲載することも出来ます。

落札されるためには情報が多いほうが良いので写真は多いと嬉しいですのでね。

下記では無料で利用できる画像編集ソフトを紹介していきます。

PHOTOSCAPE

PHOTOSCAPEは無料で利用出来るソフトの中では使い勝手が良いソフトです。

撮影した写真の赤目補正やホクロ消去なんかも出来るソフトな上に、画像の一括処理が出来るのも良いですね。

画像のフレームが100種類以上あるのも○

PHOTOSCAPEダウンロードページへ

Jtrim

デジカメで撮影した写真画像の加工や編集ができる無料ソフト。

フリーソフトでありますが、明るさ調整、ガンマ補正、フェードイン/フェードアウト、セピア、モノクロ、モザイクなどの補正・効果を画像に施すことができます。

Jtrimダウンロードページへ

Zoner-Photo-Studio

画像のサムネイル表示が可能な海外の無料ソフト、もちろん日本語対応です。

サイズ変更やトリミング、レベル補正等の微調整が出来るだけでなく、セピア調やグレースケールなどの「効果」機能もあります。

Zoner-Photo-Studioダウンロードページへ

まとめ│落札後はオークションのいう通りに進みましょう

自分が購入するときどこが見たいのか。この点を客観視しながら常に考えて写真撮影することがポイントです。

キズや汚れがあるのであればその場所を別撮りし、現状をしっかりと分かってもらうことが重要ですし、その旨を商品説明でもしっかりと書いておくことが重要です。

また昼間に自然の光で写真を撮る際に直射日光が当たらないように気を付けましょう、当たると色合いが変わってしまうこともありますので、もうしそうなった場合にも商品説明で「○○っぽい色です」というように説明して置くと良いでしょう。

写真でアピールし商品説明文でそれを補完するということが重要です。

関連情報

副業見習い | 中級編のコンテンツ一覧へ戻る

ネット副業で稼ぐ方法をトップから見る